うつ病を発症したらこんな症状が現れる!うつ病治療のお役立ち情報

大うつ病の症状や治療法

女性

うつ病を発症させる原因には、過度のストレス、仕事や私生活における人間関係でのトラブル、病気などが挙げられます。様々な原因で発症するうつ病ですが、ほとんどのうつ病患者に共通している部分があります。それは「真面目で責任感のある性格をしている」という点です。特に職に就いている人は、時間や体力を業務に注ぎ込んでしまう傾向にあります。そのせいで体調を崩してしまったり周囲からのプレッシャーに押しつぶされてしまったりし、心身が疲労とストレスでいっぱいになり、うつ病を発症させてしまうのです。

どちらかというと真面目な性格で、かつ仕事や私生活でストレスを多く抱えてしまっている人は、「大うつ病」という種類のうつ病を発症しやすい傾向にあります。うつ病にはこの大うつ病以外にも「双極性うつ病」、「気分変調性障害」、「非定型うつ病」などの種類があります。大うつ病は現代の日本人に多く見られるタイプで、意欲の低下や自尊心の低下などの心の症状、そして睡眠障害や怠けなどの体の症状が現れる傾向にあります。

大うつ病の治療法には、カウンセリングを中心とした心理療法があてられることが多いです。以前までは薬物療法が主流でしたが、副作用が発生しやすいというリスクが懸念され、今は国内にあるほとんどの病院が心理療法やその他の治療法を取り入れています。この「その他の治療法」には、磁気刺激療法やペット療法などのことを言います。ただ、大うつ病やその他のうつ病の基本となる治療はやはり心理療法となります。心理療法には不安を軽減させる効果があるため、それによりうつ病患者は大きな安心感を得ることができます。また罪悪感や自責の念などを解消させる効果もあります。もちろん1回2回の治療で症状が全て治まるわけではありませんが、何回も受けることで徐々に回復していきます。自分、もしくは家族が大うつ病だと診断された場合は、医師との話し合いのもと、心理療法を中心とした治療を始めましょう。それにより症状が少しずつ落ち着いていくはずです。

悩む人

症状を元にうつ病診断を

うつ病は心因性の疾患で、発症すると生活に大きな支障をきたす恐れがあります。具体的な症状や治療法などを知ることで、予防や効果的な治療が施せるようになります。このサイトを通してうつ病のことを知り、うつ病に対する理解を深めましょう。

Read More

看護師

三段階の治療

うつ病の治療にかかる期間はとても長く、うつ病と診断されてから3年に及ぶことも珍しくありません。医師からの指示のもと地道に治療していくことが重要となります。地道な治療で症状を抑えていき、元の元気な心身を取り戻しましょう。

Read More

カウンセリング

心身に現れる症状

うつ病を発症させてしまうと、心と体の両方に様々な症状が現れる恐れがあります。心の症状である気分障害や体の症状である睡眠障害は、双方の症状の代表的なものと言えます。

Read More

医者

うつ病と似た病気

心に何らかの症状が現れる病気の中には、うつ病と似た症状が出るものもあります。例えば不安障害です。不安障害を抱えると、ちょっとしたことに強い不安を抱えるようになってしまいます。

Read More

婦人

ペット療法で再発防止

うつ病の再発防止や症状の改善を図る治療の1つに、動物の力を利用したペット療法というものがあります。ペット療法にはメリット・デメリットがありますが、その内容を把握していれば高い治療効果が得られます。

Read More

Go to Top