うつ病を発症したらこんな症状が現れる!うつ病治療のお役立ち情報

三段階の治療

看護師

うつ病の治療にはかなりの期間を要します。もちろん個人差がありますが、「長くかかるだろう」と精神的に余裕を持たせることが重要になります。なぜ長くかかるのかと言うと、うつ病という精神疾患は回復と悪化を繰り返しながら良くなっていく傾向にあるからです。また、うつ病の症状が出なくなって完治したと思い込んだ後すぐ再発、というケースも少なくありません。時間だけでなく強い根気も必要とする疾患なのです。

うつ病の治療は、3つの段階に分けられています。第一段階を急性期(診断~3ヶ月)、第二段階を回復期(4~6ヶ月以上)、そしてある程度回復してから再発が考えられるまでの時期である第三段階を、再発予防期(症状の安定から約2年)と言います。各段階によって回復の傾向や症状によって治療内容に違いがあります。急性期の治療で大事になってくるのは、十分な休養です。仕事や学校を休んででもしっかり心身を休ませる必要があります。そして抗うつ薬も飲んでいきます。ただ薬で得た効果が現れるのに時間がかかるのと、副作用が心配されるという理由で、初めのうちは少量からスタートします。診断から4ヶ月ほど経ったら回復期に入ります。回復期に入ると心身が回復していくスピードが上がっていくのですが、そのとき人によっては自殺を図ろうとすることがあります。これを「希死念慮(きしねんりょ)」と言います。だから回復に向かっているときは、今まで以上に自分の気持ちの持ちように十分注意しなければならないのです。うつ病を患っているのが家族である場合は、この時期特に注意して見守る必要があります。症状が安定してきたら再発予防期に入ります。うつ病治療はある意味ここが正念場です。ここで再発してしまったらまた一から治療しなければならないからです。回復期を過ぎてもそこから約2年の間は再発の可能性があるため、薬物治療を継続するようにしましょう。薬物治療を止めるのは医師からの指示があった場合のみです。逆に言えば、ここまで頑張ればあと一歩です。医師や周囲の人間の協力のもと、急性期から再発予防期まで地道に頑張っていきましょう。

Go to Top